バツグンの相性の良さです

ご婚約されることを発表した、今話題のお二人です。

 

f:id:kuroki3613:20170528111619j:image

 

 

はい!相性ば〜〜つぐ〜〜ん❣️です。

 

持って生まれた資質や価値観が近いのです。

普段の生活でのお互いの言葉の使い方や言いまわしなども近いので、いっしょに居て疲れません。

 

持って生まれた気質、資質ですので、環境で変わっていく性格と違って、環境に左右されません。歳を取っても、変わりませんのでいつまでも相性ば〜〜つぐ〜〜ん❣️が続きます。

 

おめでとうございます。

末永くお幸せに〜〜❣️

 

 

 

 

相性は悪いより良い方がいいのは当然ですが

 

じゃあ、相性が悪いとダメなのか?

 

というと、そうではありません。

 

 

 

私たち夫婦は私の相性診断では

 

離婚予備群  (*´∇`*)です。

 

 

相性でみると、

妻からみれば私は相性が良く、

私からみると、妻との相性は最悪です。

 

私は妻を常に助ける位置にいますが、

妻は私にストレスを与える位置にいます。

 

 

例えば、

 

妻の話を私は100%で聴いてしまいますが、

逆に妻は私の話しを、ほとんど聴いていません。うざいな〜、くらいの気持ちで聴いています。

 

『あんた俺の話し聴いちょらんやろ⁈』と

言うと、妻は

『うん、聴いちょらん』

と平気で言います。

 

こんな会話なら大ゲンカになりそうですが、

なりません。

 

 

それは、この相性診断で、

 

『こういう関係なんだ』

 

と認めてしまっているからです。

 

 

『俺の話しは半分も聴いていないんだ』と、

始めからわかって話しかければ、聴いていない態度でもイライラもしません。

 

ケンカにもなりません。逆に冗談にしてお互いゲラゲラ笑ってます。

 

 

 

 

『あの人は、こんな人』

 

と認めて付き合っていければ、人間関係は楽になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

【相性診断】と【子育て】のこと

相性診断と子育て相談をやっている

 

黒木豊美  といいます。

 

私は相性診断を、8年位前からやっています。

私の相性診断は生年月日さえ分かれば、気になるあの人との相性と上手な接し方がわかるものです。

 

そして相性は、もちろん家族の間にもあって親子にもあります。親子であっても人間対人間ですから相性があるのは当然です。

 

私の家族を例にあげると、私と妻は相性が悪く私の相性診断では離婚予備群です^_^

息子は私とは相性が悪く、妻とは相性か良いです。娘は妻と相性が悪く、私とは相性が良いです。

ただ相性が悪いというのは仲が悪いという事ではなくて、簡単に言えば、意思が伝わりやすいか、伝わりにくいかということです。

 

ですから、相性診断でわかるのは

性格

ではなくて

持って生まれた資質(気質)

です。

 

資質は一生変わらずに、その人の行動や判断の基準になるものです。

 

例えば、

買い物に行って

ある人は、『限定残り◯◯個』というポップにピクピクっと反応する人。

そういう事には全く反応せず、自分の考えた通りに買い物する人。

 

こういう事が行動や判断の基準(気質)の違いです。

 

なぜあの人(親、子、夫、妻、彼氏、彼女、友達、上司、部下、同僚、etc)は、あんなことを言うんだろう?あんな行動をとるんだろう?

 

もし、それが事前に分かって付き合えたら人間関係は今よりもっと楽になるんじゃないでしょうか?

 

私は本当に楽〜になりました\(^-^)/

 

持って生まれた資質(気質)だから生涯変わらないので認めてしまえば楽ちんです。

 

ちなみに私の気質のいくつかは

◯熱しやすく冷めやすい(だからこのブログもいつまで続くかわからない)

◯新し物好き

◯優しいふりをしているが案外腹黒い

◯明るく楽しい事や人が好き

◯イヤなことが顔に出る

◯八方美人である(昔はこれが嫌で嫌で仕方ありませんでした。でも今は認めて解釈を変えているので何ともありません)

等々です。

 

あ、猫が大好きで黒猫のクーちんが家族です。

f:id:kuroki3613:20170523153529j:imageクーちんです。

 

この相性診断は、私の家族や周りの知り合いの人だけに話して診断してきました。

これから、それ以外の人にも話しをするかは決めていませんが、診断してみたいという人がいればコメントでも下さい。

 

それと一応子育てもしました。

何か家族や他の人から見ると独特だそうです。

その事もブログで書いていきます

こんなブログ読む人いるのかなぁ、、、、